インフルエンザウイルスを高感度検出する研究の論文がPNASに掲載

sialic acid-mimic peptideをダイヤモンド電極に固定化することで、インフルエンザウイルスを高感度に検出することができることが明らかになりました。この成果は、PNASに掲載されました(July 25, 2016)。詳細はこちら

Highly sensitive detection of influenza virus by boron-doped diamond electrode terminated with sialic acid-mimic peptide

Teruhiko Matsubara, Michiko Ujie, Takashi Yamamoto, Miku Akahori, Yasuaki Einaga, Toshinori Sato

PNAS 2016 113 (32) 8981-8984; published ahead of print July 25, 2016, doi:10.1073/pnas.1603609113