トリインフルエンザウイルスの高感度検出法の論文がACS Sensorに掲載

トリ由来のインフルエンザウイルス(avian virus)の高感度検出をペプチドをBDDに固定化したセンサーで可能にしました(Feb 20, 2020 online)。京都府立医科大学との共同研究です。

Avian Influenza Virus Detection by Optimized Peptide Termination on a Boron-Doped Diamond Electrode

 

検出可能となったトリウイルスの亜型はH5N3, H7N1, and H9N2です。限界(LOD, limit of detection)は1 pfu以下で、高感度を実現しました。ペプチドの固定化密度を最適化すること、またペプチドを4量体にすることで検出が可能になりました。

 

ヒトのH1およびH3亜型(H1N1, H3N2)も前回のPNAS(2016)と比較し、向上しました(同じくLODは1 pfu以下)。

 

TOC(ACS Sensorより)
TOC(ACS Sensorより)